新10 1-
280:名無しさん@はにゃ〜ん 8/5 2:4
湯けむりレズリングU(104)<初日・試合後>
次々と口を開いたのは紫色の髪をショートボブにした少女と、ピンク色のロングヘアの少女だった。
「はいはい、一斉に話さない。1人ずつね。」
かがみんと呼ばれた少女が2人を宥めた。
「仕切るねぇ〜、かがみん。でも折角の温泉旅行なんだから楽しんでいこうよ。」
こなたが脇から話を混ぜっ返す。
「そうだよ、お姉ちゃん。旅先でも緊張し過ぎ。」
笑いながらツインテール少女を諌めるショートボブ少女。
こうなるとさすがのツインテールも言葉のトーンが落ちる。
「しかたないわねぇ。あんまり騒がない様にね。」
そこへ従業員に呼ばれたのか、涼宮ハルヒがやって来た。
「こなた!来てくれたのね。遠いところ、ありがとう!」
ハルヒは呼びかけながら青い髪の少女へ歩み寄る。
「団長!お元気な様ですな。泉こなた以下4名、助太刀に参りました!」
おどけた調子で挨拶を返す、こなた。
すると、かがみんと呼ばれた少女が会釈しながら言った。
「柊かがみです。お招き頂きありがとう御座います。」
その姿を見てショートボブ少女も一礼する。
「あ。私、柊つかさです。かがみの妹になります。」
最後にピンク髪少女が自己紹介した。
「高良みゆきと言います。今後ともよろしく。」
(105)へ続く

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)