新10 1-
271:名無しさん@はにゃ〜ん 7/9 1:57
湯けむりレズリングU(102)<初日・夜の部>
青コーナーへ到着した九品仏大志は涼宮ハルヒの元へ向かう。
ハルヒは鶴屋さんと談笑していた。
大志「あ〜、涼宮女史。勝利者インタビューなど、よろしいかな?」
ハルヒ「来ると思ってたわ。聞きたい事は『感想と今後への抱負』ね?」
大志「その通り。まずは勝利おめでとう。」
ハルヒ「煽(おだ)てたって何も出ないわよ?フフン、ありがとう。」
得意満面の笑みで応えるハルヒ。
ハルヒ「感想は『世界が見えた』って事。葉鍵最強クラスの2人とのタッグマッチで
飛び入り参加の素人が引き分けまで漕ぎ着けたって凄いと思わない?私は最高に楽しかったわ。
でも、そこが頂点じゃ詰まらないでしょ。」
大志「ん?どういう事かな。」
ハルヒ「ここからが今後への抱負。もっと作品の枠を超えて色んな子が参加した方が絶対楽しいわよね?」
大志「つまり?」
ハルヒ「つまり私がフィクサーになって大会を盛り上げてあげるって事よ。」
大志「試合参加だけに留まらず、運営に参加したいと?」
ハルヒ「そうでなきゃ面白くないでしょ?楽しみにしてて。」
大志「いやはや。涼宮女史は壮大な野望をお持ちだ。」
さすがの大志も唖然としてインタビューを打ち切ってしまう。
佐藤「これは波乱含みの発言。涼宮ハルヒ、何を企むのか!?」
北川「下手をすると大会の企画内容が大幅に変わってきますよ、これは。」
(103)へ続く

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)