新10 1-
265:名無しさん@はにゃ〜ん 7/3 1:46
湯けむりレズリングU(96)<初日・夜の部>
自分の局部を使って相手の圧迫局部を刺激する貝合わせというプレイは相手を責めると同時に自身も責められるという自爆と隣り合わせの技だ。
鶴屋さんと綾香は互いの股間を押し付け合い、腰の動きで刺激し合う。
綾香「割とやるじゃない、鶴屋さん...」
精一杯の強がりなのは彼女が赤面し、脂汗を浮かべている事からも判る。
鶴屋さん「ふふッ...そっちこそ...」
不敵な笑顔を浮かべてはいるが内心は不安なのだ。
2人は相手の花芯の位置をイメージしながら腰を動かす。
深淵から溢れた花蜜でテラテラと輝く陰部を押し付け合いながら。
佐藤「サドンデスとは突然死の事で、どちらかが限界を負けるまで試合が続く形式です。それにしても初日の最後を飾るのに
相応しい過激な内容となりました。貝合わせ対決!」
北川「責めの内容によっては自爆もあり得ますからね。目が離せませんよ。」
綾香と鶴屋さんは互いに緩急強弱を使い分けて腰を動かしているつもりなのだが、相手も動くので計算どおりには行ってない。
それも自分の花芯を刺激し過ぎない様に加減しながらなので及び腰に成りがちだ。
2人共それまでの試合で性的に興奮し、感覚も鋭敏になっているので刺激に耐えるのも難しい。
綾香(くッ...こいつ、上手い...でも負けるわけには...)
鶴屋さん(な、なかなか粘るにょろ...でも、もう一息で...)
相手が倒れるまでの我慢と思っているのか、懸命に快感を堪えて腰を動かす。
密着させた性器同士が花蜜で絡み合い、更に感度が上昇してしまう。
堪え切れなくなったのか甘い吐息が漏れた。
綾香「ぁんッ...」
(97)へ続く

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)