新10 1-
264:名無しさん@はにゃ〜ん 7/2 3:10
湯けむりレズリングU(95)<初日・夜の部>
アナウンスに、どよめく会場。
相楽女史「ゲームの形式はサドンデス方式で貝合わせによる対決、逝かせれば勝ち、逝かせられたら負けというシンプルなものです。」
思わぬルールに会場のどよめきが止まらない。
佐藤「これは大変な事になりましたね・・・。」
北川「選手も体力的に延長戦はきついだろうし、短時間で決着するには他に方法が無かったんでしょう。」
スタッフが準備の為に走り回る。
2、3分もすると支度が出来たのか、試合が再開された。
相楽女史「これより勝敗決定の為の延長戦を開始します。選手の方、どうぞ!」
最初の対決に臨んだのは赤コーナーから来栖川綾香、青コーナーから鶴屋さんだった。
両者がリング中央へ進み出る。
相楽女史「では、お二人ともパンティーを脱いで下半身を露出して下さい。」
綾香は赤面しながら、鶴屋さんは割と雑にパンティーを脱ぎ捨てた。
次に2人は対面した形で、仰向けでマットに寝ころぶ。
そして上半身を起こして互いに這いよっていく。
両足を開き、相手の両足に絡めながら、股間同士を近づけていった。
佐藤「貝合わせ対決、どうご覧になりますか北川さん。」
北川「何分(なにぶん)にも前代未聞の試合形式ですからね、予測は不可能ですよ。」
綾香と鶴屋さんは試合の余韻を残す秘裂同士を密着させる。
準備が終わった事を確認したレフェリーは宣告した。
相楽女史「では、試合始め!」
(96)へ続く

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)