新10 1-
16:品川くじら < 8/31 21:19
幼女屈辱医療(13)<<残務整理で〜す>>
みちるは、左手で水洗便器の前側にあるパイプにつかまって体のバランスを取りながら、右手を股間
の秘裂へ伸ばして指先で割れ目をまさぐる。
略25
17:品川くじら < 9/2 22:30
幼女屈辱医療(14)<<残務整理で〜す>>
「みちる、大丈夫か?」聖女史は、和式便器に跨ったままの姿勢で、大きく背中を上下させて呼吸する
みちるを気遣って声を掛けた。
略25
18:品川くじら < 9/2 22:32
幼女屈辱医療(15)<<残務整理で〜す>>
花芯をもてあそばれ、刺激に耐え切れずに粗相してしまったみちるに、聖女史はローターを軽く当てたり、
圧着したりしながら責め続ける。
略25
19:品川くじら < 9/2 22:33
幼女屈辱医療(16)<<残務整理で〜す>>
バルーンは次第に縮んで元の紡錘形に戻っていく。と、共にバルーンに遮られていた大腸の内容物が
直腸へと急激に下り始める。それは激しい腹痛を引き起こし、みちるは思わず呻き声を上げる。
略25
20:品川くじら < 9/2 22:34
幼女屈辱医療(17)<<残務整理で〜す>>
みちるが目を覚ましたのは、診察台の上だった。
どうやら気を失った彼女を、霧島姉妹がここまで運んできたらしかった。
略25
21:品川くじら < 9/2 22:35
幼女屈辱医療(18)<<最終回で〜す>>
3人は談笑しながら遅い昼食を取った。
「みちる、気を失ったのは生まれて始めてだよ〜。何か突然世界が消えるような感じ。」
略25
22:品川くじら < 9/2 22:37
菊祭第1弾「幼女屈辱医療」いかがでしたか?
次回作をお楽しみに。
23:品川くじら < 9/10 2:43
今日から「アナル倶楽部」という作品を1日1話のペースで貼ろうと思います。
完結していないので、取り合えず第1期として50話まで行きます。
略3
24:品川くじら < 9/10 2:44
アナル倶楽部(1)
高瀬瑞希が意識を取り戻したのは、やけに硬い感触のベッドの上だった。
「・・・い・・・頭が・・痛い・・・」何故か頭痛がした。
略25
25:品川くじら < 9/10 2:49
☆補足説明
高瀬瑞希 Lesfの『こみっくパーティー』のヒロインの一人。
主人公の幼馴染みで大学1年生(設定年齢は19歳)。
バストは90の巨乳タイプ。髪は赤く、サイドポニーに
略5

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)