新10 1-
243:品川くじら 4/14 2:37
アナル倶楽部(141)
菊門に侵入する異物の感触に瑞希は思わず顔を顰(しか)める。
しかし浣腸男の手が止まる事は無く、次々とシリコンボールが繰り込まれてきた。
略23
244:品川くじら 4/21 2:28
アナル倶楽部(142)
苦しめるだけでは面白味が足りぬと思ったのか、浣腸男はビーズを抜く手を休めた。
すると瑞希は深淵に挿入されているバイブの動きが気になり始める。
略22
245:品川くじら 4/21 2:58
アナル倶楽部(143)
男はいつに無く粘着質に男根で瑞希の菊門を抉(えぐ)り続ける。
そしてバイブも深淵でのたうち続けているのだ。
「あっ、あっ、あっ、あっ.....ぁあぁぁぁん.....」
略22
246:品川くじら 4/27 3:29
アナル倶楽部(144)
巨根で菊門を掘り返される異様な感覚に、浣腸男の語る謎の話を上の空で聞き流すしかない瑞希。
「ぁ〜ッ...はぁ、はぁ、はぁ.....もう、やめてェ...頭おかしくなっちゃうよォ.....」
略22
247:品川くじら 4/28 0:35
アナル倶楽部(145)
瑞希は急激に眩暈(めまい)を感じて異変に気付く。
経口摂取(口から飲む場合)に比べて腸の粘膜からアルコールを吸収する場合、極めて廻りが早い。
略23
248:品川くじら 4/28 1:6
アナル倶楽部(146)
瑞希が目を覚ますと、そこは自宅のある代々森のマンションの前だった。
体があちこち痛い。
略23
249:品川くじら 4/30 3:1
アナル倶楽部(147)
ノズルを近づけたり遠ざけたりする事で水流の強さを調節しながら花芯を嬲る瑞希。
(お、おかしいよ...こんな事する筈じゃなかったのに.....)
略22
250:品川くじら 5/2 22:58
アナル倶楽部(148)
しばらくして正気を取り戻した瑞希だったが、何かが物足りないかのように再び股間へ手を伸ばす。
まだ勃起の続いている花芯に触れ、最初は優しく、やがて激しく指先で捏ねる。
略22
251:品川くじら 5/3 0:1
アナル倶楽部(149)
翌朝から昔の仲間に連絡を取るため動きだす瑞希。
まずは幼馴染みの千堂和樹に連絡を取る。
だが不在であり和樹の悪友、九品仏大志に尋ねると最近一樹は猪名川由宇と
略22
252:品川くじら 5/4 3:46
アナル倶楽部(150)<最終回>
瑞希は連日社会復帰も疎(おろそ)かに、自慰に没頭した。
通信販売で電マやバイブも手に入れ利用するが、物足りなさは拭(ぬぐ)えない。
略25

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)