新10 1-
238:品川くじら 4/1 1:16
アナル倶楽部(136)
2人の体を重ねて喜悦のまどろみに浸る瑞希と千紗。
その浅い夢の中で瑞希は千紗との結びつきに愛情を感じていた。
(千紗ちゃん...私たち女の子同士でもいいよね.....)
略22
239:品川くじら 4/5 20:30
アナル倶楽部(137)
それからも瑞希は倶楽部に招かれた客にショーを披露し続けた。
世間から隔絶され、月日を知る手段も無いので、この場所に何日いるのかも解からない。
略22
240:品川くじら 4/5 21:5
アナル倶楽部(138)
男達に手枷を外された瑞希は、そのままマットの上に押しやられる。
「よし!四つん這いになって尻を突き出すんだ!!」
略22
241:品川くじら 4/7 2:43
アナル倶楽部(139)
既に性的興奮から屹立していた瑞希の乳首に吸い付いた吸盤付きローターは、
ひんやりとした感触をもたらす。
略22
242:品川くじら 4/14 2:8
アナル倶楽部(140)
肛門括約筋を解す作業が終わると男達は瑞希をマット上に仰向けにする。
綺麗に刈り取られた恥丘はローター責めの効果で湿(しめ)り気(け)を帯び、
略22
243:品川くじら 4/14 2:37
アナル倶楽部(141)
菊門に侵入する異物の感触に瑞希は思わず顔を顰(しか)める。
しかし浣腸男の手が止まる事は無く、次々とシリコンボールが繰り込まれてきた。
略23
244:品川くじら 4/21 2:28
アナル倶楽部(142)
苦しめるだけでは面白味が足りぬと思ったのか、浣腸男はビーズを抜く手を休めた。
すると瑞希は深淵に挿入されているバイブの動きが気になり始める。
略22
245:品川くじら 4/21 2:58
アナル倶楽部(143)
男はいつに無く粘着質に男根で瑞希の菊門を抉(えぐ)り続ける。
そしてバイブも深淵でのたうち続けているのだ。
「あっ、あっ、あっ、あっ.....ぁあぁぁぁん.....」
略22
246:品川くじら 4/27 3:29
アナル倶楽部(144)
巨根で菊門を掘り返される異様な感覚に、浣腸男の語る謎の話を上の空で聞き流すしかない瑞希。
「ぁ〜ッ...はぁ、はぁ、はぁ.....もう、やめてェ...頭おかしくなっちゃうよォ.....」
略22
247:品川くじら 4/28 0:35
アナル倶楽部(145)
瑞希は急激に眩暈(めまい)を感じて異変に気付く。
経口摂取(口から飲む場合)に比べて腸の粘膜からアルコールを吸収する場合、極めて廻りが早い。
略23

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)