新10 1-
7:品川くじら 9/22 0:31
まどか☆マギカif...X(61)
放課後、暁美ほむらを伴って街を案内する鹿目まどか。
まどかの背後を歩きながら、ほむらは考えた。
(既に契約してしまっている以上、なんとかマゾ堕ちを防げば・・・)
そんな事とは露知らず、まどかは熱心に説明を続ける。
2人の前に突然、人影が現われた。
「よ。まどか。連れは転校生かい?」
話しかけて来た人影の正体は昨日見た赤い髪の少女だった。
「私、佐倉杏子。転校生の名前は?」
「暁美ほむらって言います。よろしく。」
ほむらは会釈しながら答える。
(こっちの世界では新しい人が加わるんだ・・・。前とはパターンが違うかもしれない。)
要素が変われば結果も変わる筈だと感じる、ほむら。
「杏子ちゃん、買い物の途中?」
まどかが尋ねた。
「マミに野暮用を頼まれちまってな。」
どうやら杏子は巴マミの知り合いでもあるらしい。
3人は雑談しながら街を行く。
街はずれの一角で、まどかが突然立ち止まった。
「杏子ちゃん!反応があったよ!」
それを聞いた杏子が素早く応答した。
(62)へ続く

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)