新10 1-
6:品川くじら 9/21 0:58
まどか☆マギカif...X(60)
数に勝(まさ)り、障害物を楯にしながら迫りくる使い魔達をマスケット銃と弓矢で射すくめる、マミとまどか。
怯んだ使い魔達に槍をかざして躍り掛かる赤い髪の少女。
略22
7:品川くじら 9/22 0:31
まどか☆マギカif...X(61)
放課後、暁美ほむらを伴って街を案内する鹿目まどか。
まどかの背後を歩きながら、ほむらは考えた。
(既に契約してしまっている以上、なんとかマゾ堕ちを防げば・・・)
略22
8:品川くじら 9/22 0:51
まどか☆マギカif...X(62)
「まどか!奴らなのか!?」
機敏に周囲を見渡す佐倉杏子。
「うん、こっち!」
略22
9:品川くじら 9/23 0:39
まどか☆マギカif...X(63)
ところが今度の結界は一筋縄では行かなかった。
中心部の空間に到着すると玉座の全面に、誘拐凌辱した全裸の女性たちを楯に構えた使い魔達が広がっている。
略22
10:品川くじら 9/23 0:57
まどか☆マギカif...X(64)
鹿目まどかの射た矢が魔法使いの体を玉座に縫い付ける。
そこへ槍を構えて突進した杏子の刺突でとどめを打つ。
断末魔の叫びを上げながら魔法使いは絶命した。
略22
11:品川くじら 9/24 1:21
まどか☆マギカif...X(65)
4人の魔法少女チームは巧みな連携で魔法使いを狩る。
しかし相手もバカでは無かった。
複数の魔法使いが協力して彼女たちに対抗してくる様になり、苦戦を強いられ始めたのだ。
略22
12:品川くじら 9/25 0:55
まどか☆マギカif...X(66)
解放されたタツヤを鹿目家に送り届ける美樹さやか。
この時既に彼女はマゾ化してしまっていた。
魔法使い達に使役されるまでに調教されたという事なのだ。
略22
13:品川くじら 9/26 0:44
まどか☆マギカif...X(67)
意識を取り戻した巴マミは自分が全裸にされている事に気付く。
更に手足に皮の枷が食い込んで痛い。
どうやら手枷足枷によって大の字に拘束されている様だ。
略22
14:品川くじら 9/27 0:19
まどか☆マギカif...X(68)
「では、これより巴マミに対する歓迎の宴を始めよう。」
人垣の彼方からリーダー格と思しき魔法使いの声がした。
「まずは仲間を売った愚か者、佐倉杏子よ。マミを慰めてやれ!」
略22
15:品川くじら 9/27 0:39
まどか☆マギカif...X(69)
「マミ。濡れてるじゃねぇか・・・。」
濡れた秘裂を指先でまさぐる杏子。
「そ、そんな...私、どうなって...」
略22

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)