新10 1-
280:名無しさん@はにゃ〜ん 9/2 21:38
まどか☆マギカif...Y(149)
魔王ヴォルデモートを倒し、魔法少女達が勝利を確信した瞬間である。
同一時間軸でまったく違う事象が発生した結果、女神まどかの構築したシステムが崩壊、暴走した。
世界を構成していた総ての要素が砕け散っていく。
魔法少女達も何が起きたのか解らぬまま消滅してしまった。
だが、彼女達の記憶要素は次の世界へ引き継がれていく筈なのだ。
ところがシステム崩壊の影響は記憶要素にすら影響をもたらす。
まどかが世界を作る以前の記憶がブロックされ、思い出せない仕掛けになっていたのに、
ブロックが外れて記憶が蘇ってしまったのだ。
その状態で世界の再構成が行われ、再び暁美ほむらは見滝原中学初登校当日の朝に自宅のベッドで目覚めた。
「思い出した!思い出したわ!まどか・・・鹿目まどか!貴女が世界を作ったのね!!」
膨大な記憶が次々と蘇り、混乱する、ほむら。
その姿をモニターで観察していた女神まどかだが、意外にも落ち着いていた。
「とうとうバレちゃった・・・。でも、いつかはこうなると思ってたから・・・。」
照れ笑いを浮かべながら弁解する、まどか。
「君が暁美ほむらの時間遡行能力を封じて置かなかったのが原因だね。」
淡々と原因を分析するキュウべぇ。
「で、これからどうするつもりだい?」およそ他人事の様に、まどかに問いかけた。
「どうするって・・・世界を辞める訳にはいかないから、このまま続けるよ。
魔法少女達も魔法使い達も報われないと可哀想だし。」
碌に物事を考えずに決定を下す女神まどか。
(150)へ続く

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)