新10 1-
267:名無しさん@はにゃ〜ん 8/27 0:46
まどか☆マギカif...Y(136)
目を醒ましたマミは、そこが見知らぬ場所である事に一瞬で気付く。
奇妙な薬品の匂いが漂っている病室の様に見えた。
(どうやらここが敵のアジトってわけね・・・佐倉さんや、ゆまもここにいるのかしら・・・。)
情勢を見極めながら反撃のチャンスを窺うつもりらしい。
マミが目覚めた事に気付いた監視の使い魔が主人である魔法使いに連絡する。
程なくして取り巻きを引き連れた結界の主がやって来た。
「お目覚めのようだね、巴マミ。」
不気味な覆面を被った男が語り掛けて来る。
「貴方がここの支配者ってわけね!?名前くらい名乗ったらどう?」
マミは強気な目線で覆面男を睨み付けた。
「では名乗ってやろう。我が名は魔王ヴォルデモート。魔法使い達を統べる者だ。」
「一応紳士的なのね。でも私を簡単に屈服させられるとは思わない方がいいわ。」
皮肉を織り交ぜながら反抗心を露わにするマミ。
「さあ、それはどうだろう?」
覆面の下のヴォルデモートの顔が笑った来がした。
そして覆面男は謎のリモコンを取り出してスイッチを押す。
「!!ぁあぁぁぁあァァァ〜!!!」次の瞬間、マミは絶頂を迎えて叫ぶ。
「君が寝ている間、脳に細工をさせて貰った。このスイッチを押すと脳の快楽中枢に差し込まれた電極から
電流が流れて、プロセスゼロで絶頂に上り詰める仕組みだよ。素敵だろう?」
嗚呼、マミは敵の手によって改造されてしまったのか。
(137)へ続く

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)