新10 1-
252:名無しさん@はにゃ〜ん 7/25 0:55
まどか☆マギカif...Y(125)
契約を済ませた3人は午後の街へ出て行く。
そこは魔法使い達が待ち構える戦場なのだ。
「いつ、どこから出て来るのかしらね・・・。」
マミは周囲を警戒しながら3人の先頭を進む。
「マミさん、あいつら駅前の商業施設によく現れるじゃないですか。行ってみましょうよ。」
さやかがマミの背中を追いながら提案した。
「ああ前回、私達が初めてマミさんに会った所ね。」
ほむらが相槌を打つ。
こうして3人は見滝原駅前の商業施設へと向かった。
その入り口に到着するマミ達。
変身前の今は指輪の形で装備されているソウルジェムが激しく明滅する。
強い魔力の反応だ。
既に商業施設は結界に変えられているらしい。
「行くわよ、みんな。」
マミの言葉で3人は物陰に駆け込み、変身した。
魔法少女姿で物陰を走り出て、商業施設へと向かう3人。
周辺を探すと外壁に奇妙な文様が浮き出ている。結界の扉らしい。
「黄金の美脚ッ!!」
マミが気合一声、扉を蹴破る。
内部はお馴染みの異様な空間に変貌していた。
(126)へ続く

ir ver 1.0 beta2.2 (03/10/22)